いつまでも眺めていられる崇高な姿

先日昼の12時を回ったころ、突然妻が昇仙峡行きたい!と言い出した。

ボクには昇仙峡というところが何県でどんなところかわからなかったのでそこ遠いの?って聞いたら山梨県だけど

どうしても今行きたい!っていうから子供を2人引きずっていってきました。

10月の終わりだったので紅葉にはまだ早かったのですが、ちらほらと色づき始めた木々を眺めながら昇仙峡ロープウェイで

弥三郎岳山頂まで

頂上に到着して降りたら目の前に鎮座ましましたのは

よっ! 日本一!

とおもわず声を出したくなるほどの美しさ、、、

日本人の誇りだなって、、、

富士山っていろんな県からみえて、この一瞬だけでもどれだけの人にから見つめられてることか、、、

世界中を魅了するカリスマ性もあらためて感じた素敵な1日でした。

このあと昇仙峡沿いに歩いて

せっかく山梨県まで来たのでほうとうを食べて

渋滞にはまって5時間かかって都内まで帰ってきました。

Follow me!

投稿者: なにげなや

ひっこみ思案なボクが意を決していろいろなことにチャレンジしながら気ままに思ったことをつぶやくブログ。 とりとめないんでユルく読んでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です